火の娘たち(読み)ひのむすめたち(英語表記)Les Filles du feu

日本大百科全書(ニッポニカ)「火の娘たち」の解説

火の娘たち
ひのむすめたち
Les Filles du feu

フランスの詩人・小説家ネルバルの短編集。1854年刊。女性の名前を題名にした7編の作品を収録。なかでは『シルビー』が、その豊かな地方色と叙情性とによって広く愛読されている。しかし、この作品の真の魅力は、女優にむなしい恋をしている主人公が、呪縛(じゅばく)から逃れるために、幼時の恋を求めて田舎(いなか)へ赴くという筋立ての裏に、独特の神秘思想に彩られた観念や幻想が秘められていることから生じている。この点は他の6編についても、ほぼ同様である。また本書には、巻末にフランス近代詩史上の奇跡と称される12編のソネットを集めた『幻想詩集』les Chimèresが併収されていることでも、重要な意義がある。

[入沢康夫]

『中村真一郎訳『火の娘』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android