コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入沢康夫 いりさわ やすお

2件 の用語解説(入沢康夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入沢康夫 いりさわ-やすお

1931- 昭和後期-平成時代の詩人,フランス文学者。
昭和6年11月3日生まれ。知的,技巧的な作品がおおく,昭和41年「季節についての試論」でH氏賞,44年「わが出雲・わが鎮魂」で読売文学賞,57年「死者たちの群がる風景」で高見順賞,63年「水辺逆旅歌」で藤村記念歴程賞をうける。「ネルヴァル全集」の翻訳や「校本宮沢賢治全集」の編集でも知られる。55年明大教授。20年芸術院会員。島根県出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入沢康夫
いりさわやすお
(1931― )

詩人、フランス文学者。島根県松江市生まれ。東京大学仏文科卒業。東京大学大学院フランス語フランス文学科修士課程修了後、筑摩(ちくま)書房に入社、その後明治学院大学、東京工業大学を経て明治大学教授。1950年代に詩的出発を遂げ、『明日の会』『今日』に参加。『あもるふ』を創刊。大学在学中に第一詩集『倖(しあわ)せ それとも不倖せ』(1955)を刊行。おもな詩集に、長篇(ちょうへん)散文詩『ランゲルハンス氏の島』(1962)、『季節についての試論』(1965。H氏賞)、本文と膨大な注釈からなる構成で戦後詩を代表する詩集となった『わが出雲(いずも)・わが鎮魂』(1968。読売文学賞)、『死者たちの群がる風景』(1982。高見順賞)、『水辺逆旅歌』(1988。藤村記念歴程賞)、『漂ふ舟――わが地獄くだり』(1994。現代詩花椿(はなつばき)賞)、『遐(とお)い宴楽(うたげ)』(2002)ほか。選詩集に現代詩文庫『入沢康夫詩集』。1996年(平成8)に全詩集『入沢康夫<詩>集成』が刊行される。詩論集に『詩の構造についての覚え書』(1968)、『詩的関係についての覚え書』(1979)、『詩にかかわる』(2002)などがある。独自の方法論を貫き、現代詩に新領域を切り開いた詩人として知られる。フランス文学者としてはジェラール・ド・ネルバルの研究で名高く、『ネルヴァル覚書』(1984)などがある。また宮沢賢治の研究者としても知られ、1971年(昭和46)天沢退二郎らとともに賢治の遺稿調査に着手、『校本宮沢賢治全集』『新校本宮沢賢治全集』の編纂(へんさん)にあたった。賢治論に『宮沢賢治――プリオシン海岸からの報告』(1991)がある。[吉田文憲]
『『季節についての試論』(1965・錬金社) ▽『わが出雲・わが鎮魂』(1968・思潮社) ▽『現代詩文庫31 入沢康夫詩集』(1970・思潮社) ▽『倖せ それとも不倖せ』(1973・書肆山田) ▽『詩的関係についての覚え書』(1979・思潮社) ▽『死者たちの群がる風景』(1983・河出書房新社) ▽『ネルヴァル覚書』(1984・花神社) ▽『水辺逆旅歌』(1988・書肆山田) ▽『宮沢賢治――プリオシン海岸からの報告』(1991・筑摩書房) ▽『漂ふ舟――わが地獄くだり』(1994・思潮社) ▽『入沢康夫<詩>集成1951―1994』(1996・青土社) ▽『遐い宴楽』(2002・書肆山田) ▽『詩にかかわる』(2002・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入沢康夫の関連キーワード会田千衣子片桐ユズル小海永二薩摩忠城侑正津勉田中清光寺門仁堀川正美河野道代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

入沢康夫の関連情報