コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火水 カスイ

4件 の用語解説(火水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐すい〔クワ‐〕【火水】

火と水。つらく困難な状況などにもたとえていう。水火。
「同じくは―の中へ飛び入っても」〈紅葉多情多恨
性質の相反するもののたとえ。
「精神上の―の争いも」〈花袋・描写論〉

ひ‐みず〔‐みづ〕【火水】

火と水。水火(すいか)。
ひどく仲が悪いこと。「火水の仲」
勢いの激しいこと。
「―の勝負を決せんと」〈浄・近江源氏
火に焼かれ水におぼれる苦痛。
「此の場において―の拷問にかけ」〈伎・韓人漢文〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かすい【火水】

火と水。たいへんつらいこと、困難なことにもたとえる。 「 -も辞さず」
性質を異にし相容れないもののたとえ。 「精神上の-の争ひ/描写論 花袋

ひみず【火水】

水と火。水火すいか
火と水とのように、性格があわず仲の悪いこと。
(火事や洪水のように)勢いが激しいこと。 「 -の争い」
火に焼かれ、水におぼれるほどの苦しみ。 「 -の地獄」
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火水の関連情報