コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水火 スイカ

デジタル大辞泉の解説

すい‐か〔‐クワ〕【水火】

水と火。洪水と火事。「水火の災い」
洪水や火事のように、勢いが激しいこと。「水火の責め苦」
水におぼれ、火に焼かれるような苦しみ。「水火をいとわない」
水と火のように、互いに相容れないこと。氷炭。「水火の仲」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいか【水火】

水と火。
洪水と火災。また、そのように勢いの激しいもの。 「 -の難」
水におぼれ、火に焼かれるようなひどい苦しみ。 「良人おつとの為めには-も厭はざる身の/不如帰 蘆花
(水と火のように)互いに相いれないもの。きわめて仲の悪いこと。 「 -の仲」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水火の関連キーワードアジタ・ケーサカンバリンパクダ・カッチャーヤナアナクシマンドロス阿毘羅吽欠蘇婆訶東北電力[株]エンペドクレス電力系統制御不空羂索観音早水藤左衛門塗炭の苦しみ阿毘羅吽欠松月堂古流陰陽五行説エーテル二河白道船員教育太極図説消防団原子論角塔婆

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水火の関連情報