コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火焔太鼓 かえんだいこ

3件 の用語解説(火焔太鼓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火焔太鼓
かえんだいこ

「大太鼓 (だだいこ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かえん‐だいこ〔クワエン‐〕【火×焔太鼓】

《火炎の模様の装飾があるところから》大太鼓(だだいこ)のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

火焔太鼓

古典落語の演目のひとつ。五代目古今亭志ん生が現在の形にした。十代目桂文治が得意とした。オチは地口オチ。主な登場人物は、道具屋、さむらい。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火焔太鼓の関連キーワード鮑のし井戸の茶碗おすわどんお直し駒長強情灸三枚起請ねぎまの殿様囃子長屋水屋の富

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火焔太鼓の関連情報