コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火薬類取締法 かやくるいとりしまりほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火薬類取締法
かやくるいとりしまりほう

昭和 25年法律 149号。火薬類の製造,販売業を許可制にし,火薬類の貯蔵火薬庫で行わせるなど,火薬類の製造,販売,貯蔵,運搬,消費その他の取扱いを規制する法律。火薬類による災害を防止し,公共の安全を確保することを目的とする。従来の銃砲火薬類取締法 (明治 43年法律 53号) に代るもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かやくるい‐とりしまりほう〔クワヤクルイとりしまりハフ〕【火薬類取締法】

火薬類の製造・販売を許可制とするほか、貯蔵・運搬・消費その他の取り扱いについて規制する法律。昭和25年(1950)施行

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

火薬類取締法【かやくるいとりしまりほう】

火薬類の製造,販売,貯蔵,運搬,消費等の取扱を規制することにより,災害を防止し,公共の安全を確保することを目的とする法律(1950年)。従前の銃砲火薬類取締法(1899年)に代わるもの。
→関連項目火薬火薬庫花火

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かやくるいとりしまりほう【火薬類取締法】

火薬類による災害を防止し,公共の安全を確保する目的の下に,火薬類の製造,販売,消費その他の取扱いの規制を定めた法律(1950公布)。第2次大戦前は,1899年の銃砲火薬類取締法の公布以来,銃砲および火薬類の取締りが同じ法律で一括して扱われていたが,本法制定により,火薬類の規制は銃砲の規制から切り離され,本法の定めるところとなった。なお,銃砲に関しては,別に銃砲刀剣類所持等取締法(1958公布)が定められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かやくるいとりしまりほう【火薬類取締法】

火薬類の製造・販売を許可制とし、貯蔵・運搬・消費その他の取り扱いについて、災害の防止、公共の安全の確保の見地から規制した法律。1950年(昭和25)制定。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の火薬類取締法の言及

【銃砲刀剣類所持等取締法】より

…銃刀法と略称。銃砲,火薬類の製造,販売などの取締りについては,かつては,銃砲火薬類取締法(1910公布)があった。第2次大戦後,占領軍は,日本非武装化の徹底策の一つとして,銃砲等所持禁止令(1946公布)により,鉄砲,刀剣類,火薬類の所持を厳しく制限した。…

※「火薬類取締法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火薬類取締法の関連キーワードクラッカーボールニトロ化合物硝安爆薬公聴会被害届刑法見地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火薬類取締法の関連情報