コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰十字石 かいじゅうじせきphillipsite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灰十字石
かいじゅうじせき
phillipsite

沸石族の鉱物。単斜晶系。 (Ca,Na2,K2)2.5Al5Si11O32・12H2O~(Ca,Na2,K2)3.5Al7Si9O32・12H2O 。比重 2.2,硬度4~4.5。無色,白,黄,桃色でガラス光沢をもつ半透明な鉱物。灰十字沸石とも呼ばれる。水に溶けたナトリウムカリウム,カルシウム,マグネシウムイオンと結晶中の陽イオンとが容易に交換する能力がある。そのため硬水を軟水に変えるのに用いることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android