災害派遣医療チーム(読み)サイガイハケンイリョウチーム

  • DMAT
  • Disaster Medical Assistance Team
  • さいがいはけんいりょうチーム〔イレウ〕

デジタル大辞泉の解説

地震などの大規模災害現場で、災害急性期(発生後48時間以内)に活動できる機動性をもった医療チーム。専門的訓練を受けた医師・看護師・業務調整員で構成され、現場でのトリアージ応急処置・救命措置などの医療行為をはじめ、災害地外の病院への広域医療搬送、被災地の病院支援などの活動を行う。DMAT(ディーマット)(Disaster Medical Assistance Team)。
[補説]平成16年(2004)に東京都で東京DMATが発足。以降、各道府県で設置が進んでいる。平成17年(2005)には厚生労働省が日本DMATを発足させた。同年の中央防災会議では、災害対応における位置づけや、参加する医師・看護師への教育研修の推進防災基本計画に明記された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

災害や大規模な事故の発生直後に現場に入り,負傷者の緊急治療などの活動ができるように訓練された医療チーム。1995年の兵庫県南部地震では,救出現場ですぐに適切な治療を受けられなかったために死亡した,いわゆる「防ぎうる災害死」が数百件に上った。より多くの被災者を救うため厚生労働省は,2005年に災害派遣医療チーム DMATを発足させた。一つのチームは医師 1人,看護師 2人,業務調整員 1人の計 4人で構成され,災害発生からおおむね 48時間以内に現場で活動を開始する。大災害発生時にはすみやかに被災地に入り,被災地域の医療需要を把握し,災害発生直後の医療体制を確立する。そのうえで,現場での応急治療や,重症患者の医療機関への搬送,現場の病院支援などを行なうとともに,日本医師会災害医療チーム JMATなどほかの医療関係団体から派遣された医療チームとの連携をはかる。厚生労働省には DMAT事務局,都道府県には DMAT都道府県調整本部が置かれ,また災害現場に DMAT活動拠点本部が置かれることがある。隊員は国立病院機構災害医療センターと兵庫県災害医療センターで訓練を行ない,2013年4月時点で全国に約 1150チームが登録されている。2005年の JR福知山線脱線事故や 2008年の岩手・宮城内陸地震など,多くの現場に派遣され,2011年の東北地方太平洋沖地震では約 380チームが被災者の救助にあたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

災害派遣医療チームの関連情報