コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為替相場メカニズム かわせそうばメカニズム

百科事典マイペディアの解説

為替相場メカニズム【かわせそうばメカニズム】

exchange rate mechanismの頭文字からERMとも。ヨーロッパ通貨制度(EMS)の根幹の一つを成す,為替安定化のためのルールで,1979年発足。
→関連項目スウェーデン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の為替相場メカニズムの言及

【ヨーロッパ通貨制度】より

…(2)EMS参加通貨はECU表示の基準相場を決定し,これに基づいて各国通貨間の中心相場を算定,その上下に各2.25%の変動幅を設定する(イタリアにのみ上下各6%の変動幅を認める)。この仕組みはEMSの核心部分であり,為替相場メカニズムExchange Rate Mechanism(ERM)と呼ばれる。なお,イギリスはこのERMには参加しなかった。…

※「為替相場メカニズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

為替相場メカニズムの関連キーワードヨーロッパ通貨単位ユーロ圏保守党ポンドECUリラ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

為替相場メカニズムの関連情報