為術・詮術(読み)せんすべ

精選版 日本国語大辞典「為術・詮術」の解説

せん‐すべ【為術・詮術】

〘名〙 (「せん」はサ変動詞「す」の未然形に推量の助動詞「ん」が付いてできたもの) ほどこすべきてだて。対処し解決する方法。また、自分のとるべき態度や行動。なすすべ。せんかた。せんずつ。
※万葉(8C後)二・二〇七「梓弓 音に聞きて 云はむ術 世武為便(セムすベ)知らに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android