コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏丸光康 からすまる みつやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

烏丸光康 からすまる-みつやす

1513-1579 戦国-織豊時代の公卿(くぎょう)。
永正(えいしょう)10年10月13日生まれ。烏丸冬光の次男。将軍足利義晴としたしく,大永(たいえい)7年近江(おうみ)(滋賀県)在陣中の義晴のもとに身をよせる。享禄(きょうろく)4年には越前(えちぜん)(福井県)へ随行した。参議,権(ごんの)中納言をへて,天文(てんぶん)15年権大納言となる。従一位,准大臣。天正(てんしょう)7年4月27日死去。67歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

烏丸光康 (からすまるみつやす)

生年月日:1513年10月13日
戦国時代;安土桃山時代の公卿
1579年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

烏丸光康の関連キーワード生年月日烏丸光宣永正

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android