コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無利子国債 ムリシコクサイ

1件 の用語解説(無利子国債の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むりし‐こくさい【無利子国債】

自由民主党が平成21年(2009)3月に提言した景気対策の一。利子が付かないかわりに額面分に相続税がかからない特典付きの国債。富裕な高齢者が保有する金融資産を流動化させることで、経済活性化をはかるのがねらい。
[補説]たんす預金を含めて100兆円以上と推測される「眠れる民間資金」を景気対策に活用するのがねらいだが、減税の恩恵を受けるのは富裕層に限られること、マネーロンダリングの温床になりかねない、などの懸念もあり、実現には課題も多い。→政府紙幣

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無利子国債の関連キーワード新自由クラブ安倍派SLD亀井派河野派自由民主党総務会額賀派町村派宮沢派民由合併

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone