コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無外円照 むがい えんしょう

2件 の用語解説(無外円照の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

無外円照

室町前期の僧。薩摩皇徳寺の開山。薩摩生。無外は字。幼くして出家、諸所を遍参するが、能登総持寺の峨山のもとに多年勤め、遂にその法灯を継ぎ、首座となる。のち日向の山中に退いて永谷皇徳寺を創る。薩摩の島津大道は師の徳をたたえて皇徳寺を建て、その開山とした。永徳元年(1381)寂、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無外円照 むがい-えんしょう

1311-1381 南北朝時代の僧。
応長元年生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)の人。曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)総持寺の峨山韶碩(がさん-じょうせき)に師事し,その法をつぐ。薩摩の谷山郡司の谷山忠高が創建した皇徳寺の開山(かいさん)となった。永徳元=弘和(こうわ)元年12月6日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

無外円照の関連キーワード向阿弘和天授吉野朝時代顕円孝尊周嗣少室慶芳聖助法親王(2)黙翁妙誡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone