無始(読み)ムシ

デジタル大辞泉の解説

む‐し【無始】

万象は因縁で成り立っていて、因をいくらさかのぼっても果てしがなく、始めがないこと。転じて、無限に遠い過去。大昔
「―よりこのかた生死に流転するは」〈宇治拾遺・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むし【無始】

〘仏〙 ある時点から始まったのではなく、永遠の過去から存在すること。
転じて、遠い昔。大昔。 「 -よりこのかた生死に流転するは/宇治拾遺 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android