コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無底良韶 むてい りょうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無底良韶 むてい-りょうしょう

1313-1361 南北朝時代の僧。
正和(しょうわ)2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)永光寺の明峰素哲(めいほう-そてつ)のもとで出家,総持寺峨山韶碩(がざん-じょうせき)の法をつぐ。陸奥(むつ)胆沢郡(岩手県)黒石に正法寺をひらき,晩年永光寺の住職となった。康安元=正平(しょうへい)16年6月14日死去。49歳。能登出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

無底良韶の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android