コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無底良韶 むてい りょうしょう

1件 の用語解説(無底良韶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無底良韶 むてい-りょうしょう

1313-1361 南北朝時代の僧。
正和(しょうわ)2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)永光寺の明峰素哲(めいほう-そてつ)のもとで出家,総持寺峨山韶碩(がざん-じょうせき)の法をつぐ。陸奥(むつ)胆沢郡(岩手県)黒石に正法寺をひらき,晩年永光寺の住職となった。康安元=正平(しょうへい)16年6月14日死去。49歳。能登出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

無底良韶の関連キーワード康安正平延文康安ツタンカーメン南海地震普済寺永源寺菊池武光ブルゴーニュ公国

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone