コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無線送電 むせんそうでんwireless power transmission

2件 の用語解説(無線送電の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むせんそうでん【無線送電 wireless power transmission】

無線で電気エネルギーを伝送すること。電気工学における夢の技術の一つであるがまだ成功していない。G.M.マルコーニ無線通信の実験を行ったのと同じころ,すなわち19世紀末から20世紀初めにかけて,アメリカのN.テスラみずから発明したテスラ変圧器を電源としアンテナから超低周波の電波を送り,これをアンテナで受けるという方式の無線送電の実験を行った。今日でははるかに周波数の高いマイクロ波あるいは光の周波数を用いる方式が考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無線送電の関連情報