コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無著道忠 むじゃく どうちゅう

4件 の用語解説(無著道忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無著道忠 むじゃく-どうちゅう

1653-1745* 江戸時代前期-中期の僧。
承応(じょうおう)2年7月25日生まれ。臨済(りんざい)宗。京都妙心寺竜華院の竺印(じくいん)祖門に師事。竜華院2世をつぎ,宝永4年(1707)から3度にわたり妙心寺住持となる。宗門史を研究した学僧で,「禅林象器箋(しょうきせん)」20巻ほかおおくの著作をのこした。延享元年12月23日死去。92歳。但馬(たじま)(兵庫県)出身。別号に葆雨(ほうう),照冰(しょうひょう)堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

無著道忠

没年:延享1.12.23(1744.1.25)
生年:承応2.7.25(1653.9.16)
江戸中期の臨済宗の僧。但馬(兵庫県)の人。8歳で京都妙心寺塔頭竜華院の竺印祖門の弟子となった。諸国行脚ののち,竺印の示寂のあとを継いで竜華院2世となる。妙心寺に輪住を含め3度住持し,晩年は竜華院に退き著述に専念した。江戸期の臨済宗を代表する碩学で,語録を正確に読むことに重点を置き,校勘,考証,批評の研究手順を踏んだ。その研究成果は全著述374種,911冊に上るとされる。また反黄檗派の人として知られる。<著作>『禅林象器箋』『葛藤語箋』『正法山誌』『黄檗外記』<参考文献>飯田利行『学聖無著道忠

(志部憲一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むじゃくどうちゅう【無著道忠】

1653~1744) 江戸前・中期の臨済宗の僧。但馬の人。妙心寺竜華院の竺印ちくいんに師事し、のち妙心寺管長。経典・語録の注解、禅宗史の研究などに広範な業績を残した。著「禅林象器箋」ほか多数。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無著道忠
むじゃくどうちゅう
(1653―1744)

江戸時代の臨済宗の僧。照冰堂(しょうひょうどう)、葆雨堂(ほううどう)と号する。但馬(たじま)(兵庫県)の人。幼くして出石(いずし)の如来(にょらい)寺にて出家、のち妙心寺竜華院(りゅうげいん)の竺印祖門(ちくいんそもん)に参じて得法、25歳で竜華院に入る。55歳で京都妙心寺住持となり、退休後は著作に没頭した。江戸時代における臨済宗の代表的な学匠で、生涯の著作は255種、873巻を超えるともされる。禅宗の祖録、経典の校勘や注釈をはじめ、禅語や俗語の研究、清規(しんぎ)の研究など、終始厳密な研究の態度を堅持した。その成果は現代においても十分に評価され、近年、著作の影印本も何点か刊行されている。代表的な著作に『禅林象器箋(ぜんりんしょうきせん)』『葛藤語箋(かっとうごせん)』『百丈清規左(ひゃくじょうしんぎさけい)』『虚堂録犂耕(きどうろくりこう)』『正法眼蔵僭評(しょうぼうげんぞうせんぴょう)』『臨済録疏(りんざいろくそやく)』などがある。[永井政之]
『飯田利行著『学聖無著道忠』(1942・青悟堂) ▽柳田聖山著『禅学研究55 無著道忠の学問』(1959・花園大学)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無著道忠の関連キーワード潭月和尚翠岩承堅正韵大龍宗丈福島慶道龍門宗禹活山玄旭笠嶺宗伍愚堂宗哲無着道忠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone