コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無隠道費 むいん どうひ

2件 の用語解説(無隠道費の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

無隠道費

江戸中期の曹洞宗の学僧。長門生。号は雑華堂。無得良悟の法を嗣ぎ、因幡の興宗寺・石見の円光寺・松林寺・加賀の実性院等に歴住、長門の大寧寺の住職となる。著書に『無孔笛』『金龍尺牘集』等がある。宝歴7年(1757)歿、69才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無隠道費 むいん-どうひ

1688-1756 江戸時代中期の僧。
貞享(じょうきょう)5年4月8日生まれ。曹洞(そうとう)宗。無得良悟の法をつぎ,加賀(石川県)実性院住職となる。晩年は長門(ながと)(山口県)大寧寺に住した。宝暦6年11月26日死去。69歳。長門出身。別号に雑華堂。漢詩文集に「無隠禅師無孔笛(むくてき)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone