無雲義天(読み)むうん ぎてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無雲義天 むうん-ぎてん

1290-1367 鎌倉-南北朝時代の僧。
正応3年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都建仁(けんにん)寺の鏡堂覚円の法をつぐ。元(げん)(中国)にわたって雲外雲岫に師事し,帰国して建仁寺,南禅寺住持となった。播磨(はりま)(兵庫県)法雲寺の開山(かいさん)。貞治(じょうじ)6=正平(しょうへい)22年5月27日死去。78歳。山城(京都府)出身。俗姓加茂

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android