斟酌(読み)シンシャク

デジタル大辞泉の解説

しん‐しゃく【×斟酌】

[名](スル)《水や酒をくみ分ける意から》
相手の事情や心情をくみとること。また、くみとって手加減すること。「採点に斟酌を加える」「若年であることを斟酌して責任は問わない」
あれこれ照らし合わせて取捨すること。「市場の状況を斟酌して生産高を決める」
言動を控えめにすること。遠慮すること。「斟酌のない批評」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしゃく【斟酌】

( 名 ) スル
〔「斟」も「酌」も汲む意〕
相手の事情・心情などをくみとること。 「相手の立場を-して裁定を下す」
手加減すること。手ごころ。 「採点に-を加える」
条件などを考え合わせて、適当に取捨選択すること。 「虚心にこれを-商量すべきことなり/西国立志編 正直
遠慮すること。ためらい。 「 -せず推返おしかえし言へば/五重塔 露伴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斟酌の関連情報