コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照井一宅 てるい いったく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照井一宅 てるい-いったく

1819-1881 江戸後期-明治時代の儒者。
文政2年11月生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士。藩校作人館の助教となり,藩主の侍読をかねる。維新後は県の少参事をつとめた。明治14年2月21日死去。63歳。名は全都(たかくに)。通称は小作別号に螳螂斎。著作に「論語解」「荘子解」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

照井一宅の関連キーワード照井小作明治時代儒者

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android