コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照井一宅 てるい いったく

1件 の用語解説(照井一宅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照井一宅 てるい-いったく

1819-1881 江戸後期-明治時代の儒者。
文政2年11月生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士。藩校作人館の助教となり,藩主の侍読をかねる。維新後は県の少参事をつとめた。明治14年2月21日死去。63歳。名は全都(たかくに)。通称は小作。別号に螳螂斎。著作に「論語解」「荘子解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

照井一宅の関連キーワード網野延平歌川芳梅島本青宜関直吉岱阿高橋確斎遠山弘湖花沢伊左衛門(3代)松田秋水守脩親王

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone