照源(読み)しょうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照源 しょうげん

1298-1368 鎌倉-南北朝時代の僧。
永仁(えいにん)6年生まれ。源有房の6男。天台宗比叡(ひえい)山で仲円に師事し,顕密二教をおさめる。京都の来迎(らいごう)院で布教につとめ,のち金剛院にうつり,廬山(ろざん)寺と改名した。後醍醐(ごだいご)天皇にこわれて宮廷で天台教学を講じた。応安元=正平(しょうへい)23年5月死去。71歳。字(あざな)は明導。著作に「義例猪熊鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

照源の関連情報