熊代繁里(読み)くましろ しげさと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊代繁里 くましろ-しげさと

1818-1876 幕末-明治時代の国学者。
文政元年6月生まれ。紀伊(きい)日高郡(和歌山県)の人。本居内遠(もとおり-うちとお),加納諸平(もろひら)にまなぶ。和歌山藩の命により「紀伊国名所図会」(続編)を編集する。田辺藩修道館教授をへて維新後熊野本宮権(ごんの)宮司。明治9年6月5日死去。59歳。号は瑞穂,桜蔭。著作に「安芸の早苗」「嘉永百人一首」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android