熟読玩味(読み)じゅくどくがんみ

四字熟語を知る辞典「熟読玩味」の解説

熟読玩味

文章をよく読んで、意味をじっくりあじわうこと。

[活用] ―する。

[使用例] が、自分が志したのは、いまだ孔子に触れたことのない人に論語を熟読玩味してみようという気持ちを起こさせることであった[和辻哲郎*孔子|1938]

[使用例] 汽車の中で、彼は台本を飽かず熟読玩味し続け、公演中の楽屋では末をとりはじめていた[有吉佐和子*人形浄瑠璃|1958]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「熟読玩味」の解説

じゅくどく‐がんみ〔‐グワンミ〕【熟読玩味】

[名](スル)詩文をよく読み、その意味を十分に味わうこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「熟読玩味」の解説

じゅくどく‐がんみ ‥グヮンミ【熟読玩味】

〘名〙 文章をよく読んで、意味をじっくりあじわうこと。
※羅山先生文集(1662)三二「汝唯熟読玩味、涵泳従容可也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android