コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和辻哲郎 わつじてつろう

7件 の用語解説(和辻哲郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和辻哲郎
わつじてつろう

[生]1889.3.1. 姫路
[没]1960.12.26. 東京
倫理学者。医師の次男に生れ,1912年東京大学卒業。東洋大学法政大学で教えたのち,京都大学助教授を経て,ドイツ留学,31年京都大学教授,34年東京大学教授。初期には『ニイチェ研究』 (1913) ,『ゼエレン・キェルケゴオル』 (15) など実存主義者の研究を発表したが,のち『古寺巡礼』 (19) ,『日本古代文化』 (20) ,『日本精神史研究』 (26) などの日本文化に先駆的かつ斬新な視野を開き,また『人間の学としての倫理学』 (34) ,『風土』 (35) ,『倫理学』 (3巻,37~49) において個人のなかにではなく,人と人との関係たる間柄の学としての独自の倫理学を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

わつじ‐てつろう〔‐テツラウ〕【和辻哲郎】

[1889~1960]哲学者・倫理学者・文化史家。兵庫の生まれ。京大・東大教授。倫理学の体系化と文化史研究に貢献した。文化勲章受章。著「ニイチェ研究」「古寺巡礼」「風土」「鎖国」「日本倫理思想史」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

和辻哲郎【わつじてつろう】

哲学者。兵庫県出身。東大哲学科卒業後,1925年京大助教授。1927年―1928年ドイツ留学,1931年京大教授を経て,1934年―1949年東大教授。1955年文化勲章受章。
→関連項目新思潮谷崎潤一郎帝国文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和辻哲郎 わつじ-てつろう

1889-1960 大正-昭和時代の哲学者,倫理学者。
明治22年3月1日生まれ。東京帝大哲学科に在学中,谷崎潤一郎,小山内薫らと第2次「新思潮」の同人となる。東洋大,法大の教授をへて,昭和6年京都帝大教授。9年東京帝大教授。この間,谷川徹三らと「思想」(岩波書店)の編集に参加。ハイデッガー解釈をとおして「人間の学」としての倫理学を確立し,「古寺巡礼」「風土」など文化史研究にも業績をのこす。日本倫理学会初代会長。30年文化勲章。昭和35年12月26日死去。71歳。兵庫県出身。著作に「日本精神史研究」「倫理学」など。
【格言など】真に勇気あり力ある者は,恐ろしい事実を見つめるとともにそれに堪える道を知っている(「偶像再興」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わつじてつろう【和辻哲郎】

1889‐1960(明治22‐昭和35)
哲学者。兵庫県生れ。東京帝国大学で哲学を学ぶ。谷崎潤一郎らとともに文学活動をし,耽美的傾向の作品を書いた。のち学界に入り,京都帝国大学文学部教授,東京帝国大学文学部教授を歴任。学士院会員。日本倫理学会を創立(1950),文化勲章を受章した(1955)。著作は《ニイチェ研究》《ゼエレン・キェルケゴオル》《古寺巡礼》《風土》《日本古代文化》《原始仏教実践哲学》《日本精神史研究》《鎖国》《倫理学》《日本倫理思想史》《桂離宮》《国民統合の象徴》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

わつじてつろう【和辻哲郎】

1889~1960) 倫理学者。兵庫県生まれ。京大・東大教授。ニーチェ・キルケゴールの研究から出発、また鋭い美的感覚をもって日本・中国・インド・西洋の思想史・文化史的研究にすぐれた業績を上げる一方、人と人との関係を重視し、間柄を基礎とする倫理学、すなわち人間の学としての倫理学の体系をも構築。著「古寺巡礼」「風土」「倫理学」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和辻哲郎
わつじてつろう
(1889―1960)

倫理学者、文化史家。兵庫県の医家に生まれる。姫路中学生であったころは、バイロンのような詩人になるのを夢みていたが、旧制第一高等学校生徒時代、先輩の魚住影雄(うおずみかげお)(折蘆(せつろ))から万学の基礎である哲学を学ぶように勧められ、東京帝国大学文科大学哲学科に進んだ。在学中、大塚保治(1869―1931)教授の「最近欧州文芸史」と岡倉天心(おかくらてんしん)講師の「泰東巧芸史」をもっとも深い感銘をもって聴講したが、かたわら第二次『新思潮』の同人となり、文芸への関心を絶たなかった。文科大学1年のとき「ショウに及ぼしたるニイチェの影響」を書いているが、バーナード・ショーに専念した一時期があった。しかしまもなく関心はニーチェに移り、その研究を卒業論文にしようとしたが、指導教授の反対で果たさず、その鬱憤(うっぷん)を、卒業した翌年(1913)に公刊した『ニイチェ研究』で晴らした。ついで『ゼエレン・キェルケゴオル』(1915)を出し、日本における実存哲学研究の先駆者となった。
 しかし、29歳の年の初めごろから、対象に即する思惟(しい)への傾向を強め、祖先の生活を見つめようとする動機から大和(やまと)の地を訪ね、古寺巡礼の旅をした。その旅行記が『古寺巡礼』(1919)で、この旅行によって、飛鳥(あすか)・奈良時代の彫刻・建築のような偉大な芸術を創造した日本人は何者であったかという疑問に追い立てられた。この疑問に答えたのが『日本古代文化』(1920)に始まる一連の日本精神史、日本文化史の研究――『日本精神史研究』(1926)、『続日本精神史研究』(1935)、『日本倫理思想史』(1952)などである。この日本研究のなかで仏教の占める比重は大きいが、その仏教思想を純粋な姿でとらえようとしたのが『原始仏教の実践哲学』(1927)で、その研究方法は、学生時代にケーベル教授から教え込まれたドイツの近代文献学によっている。そのことは『ホメロス批判』(1946)が示しているが、『原始キリスト教の文化史的意義』(1926)、『孔子』(1938)なども同じ方法をもってした労作である。
 1934年(昭和9)、それまで8年余勤務した京都大学から東京大学へ転任したが、京都時代の末期から形成されつつあった倫理学の体系的研究が結実して『倫理学』3巻(1937~1949)となった。それに先だって『人間の学としての倫理学』(1934)に人と人との間柄が倫理であるという新しい解釈がなされ、海外旅行の体験を踏まえて編み出された『風土』(1935)の理論も「人間学的考察」という副題が付されている。敗戦の原因を究明して人倫の世界史的反省を試みた『鎖国』(1950)、『日本芸術史研究(歌舞伎(かぶき)と操浄瑠璃(あやつりじょうるり))』(1955)、『自叙伝の試み』(1961)など晩年の業績も多彩で、それらは集められて『和辻哲郎全集』全20巻として刊行された(1961~1963)。1955年(昭和30)文化勲章が授与された。[古川哲史]
『『和辻哲郎全集』全20巻(1961~1963/25巻・別巻2・1989~1992・岩波書店) ▽『風土』(1935・岩波書店/岩波文庫) ▽『鎖国』(1964・筑摩書房/上下・岩波文庫) ▽和辻照著『和辻哲郎の思ひ出』(1963・岩波書店) ▽湯浅泰雄著『和辻哲郎』(1981・ミネルヴァ書房/ちくま学芸文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の和辻哲郎の言及

【エンリケ[航海王子]】より

…基礎資料である15世紀の《ギニア航海記》(1841)では,イスラム教徒の征討に熱心な十字軍士としての側面が強調されているが,ポルトガル南西端サン・ビセンテ岬付近のサグレスに航海学校を創設したり,インド遠征を企図したルネサンス的賢人だったという,いわゆる〈エンリケ伝説〉が19世紀までに形成され,ついにはポルトガルの運命を切り開いた予言者として神格化されるに至った。日本でも和辻哲郎が《鎖国》(1950)の中で17世紀外国に門戸を閉ざした当時の為政者を,15世紀ポルトガルの海外進出を指導したエンリケに対比させて独自の評価を与えたが,同時にエンリケ伝説がそのまま日本に紹介された。しかし,19世紀末以降の実証的な歴史研究によって,エンリケ伝説は次々と否定されるとともに,近年のエンリケ研究からは超人的・ルネサンス的イメージは後退し,より人間的・中世的側面が浮かび上がってきた。…

【実存主義】より

…ニーチェは1899年以来,吉田静致,長谷川天渓,登張竹風,桑木厳翼らによって紹介され,高山樗牛が晩年にニーチェ主義の立場をとった。和辻哲郎の《ニイチェ研究》(1913)と《ゼエレン・キェルケゴオル》(1915)とが日本での本格的研究の始まりであり,やがて直接ハイデッガーに師事した三木清や九鬼周造によって実存思想が輸入され,三土興三,吉満義彦らの実存思想家を生んだ。第2次世界大戦後は〈実存主義協会〉も組織されている。…

【存在論】より

…〈存在論〉は少なくとも1925年以来,ハイデッガーのOntologieに対する訳語として用いられている。29年和辻哲郎は,〈存在論〉の根本の問いは日本語では〈あるということはどういうことであるか〉であるとし,〈もの〉〈こと〉〈いう〉〈ある〉に関する見解を発表したが,これもハイデッガーの影響下のものである。31年和辻哲郎はハイデッガーのOntologieを〈有(う)論〉と訳し,今日でも若干の追随者がある。…

【ニーチェ】より

… 日本ではすでに1901年に高山樗牛が,《太陽》掲載論文《美的生活を論ず》の中でニーチェを持ち上げて以来,特に《ツァラトゥストラ》が,やがては《人間的な,あまりに人間的な》などのアフォリズム群が広く読まれはじめた。13年に出た和辻哲郎の《ニイチェ研究》は当時としては世界的に見てもきわめてすぐれた解釈である。しかし全体的には大正教養主義以降の知識人たちの中では,ニーチェはヨーロッパの思想史的コンテクストを離れて人生論的に語られることが多く,ようやく第2次大戦後になって氷上英広や,ハイデッガーを介した渡辺二郎らによって本格的研究が進み,ヨーロッパ思想の枠組みに置き入れ直されたニーチェとの思想的対決が行われはじめたといえる。…

【風土】より

…彼は《歴史哲学の理念》(1784‐91)の中で,各場所の森羅万象が風土に即していることを強調し,〈土地の高低,その性質,その産物,飲食物,生活様式,労働,衣服,娯楽,技芸などのすべてが,風土の描きだしたもの〉とみ,〈人間にも,動物にも,植物にも,固有の風土があり,いずれもその風土の外的作用を特有の仕方で受けとめ,組織し,編みなおすものである〉と論じて,人間史の基礎に主体的な風土を位置づけた。 日本では和辻哲郎が《風土》(1935)を著しユニークな風土論を展開した。西欧哲学の関心は,風土よりも時間や歴史に傾いていたが,和辻は,存在と時間の関係を論じたM.ハイデッガーの歴史への視点を場所へと移したのである。…

※「和辻哲郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

和辻哲郎の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済福岡(市)地震計

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和辻哲郎の関連情報