熱熱(読み)アツアツ

デジタル大辞泉の解説

あつ‐あつ【熱熱】

[名・形動]
料理などができたてで熱いこと。また、そのさま。「焼きたての熱熱」「熱熱な(の)うちに召し上がれ」
熱中すること。また、そのさま。特に、男女が熱烈に愛し合っているさま。「熱熱な(の)カップル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あたあた【熱熱】

( 感 )
〔「あつあつ」の転〕
熱い熱い。 「ただのたまふ事とては-とばかりなり/平家 6

あつあつ【熱熱】

( 形動 )
(新婚の夫婦や恋人どうしが)熱烈に愛し合っているさま。 「 -の仲」
(料理などが)非常に熱いさま。 「 -のうちにどうぞ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あつ‐あつ【熱熱】

〘形動〙
① 非常に熱いさま。
※日葡辞書(1603‐04)「Atçuatçuto(アツアツト)〈訳〉非常に熱く」
※川端茅舎句集(1934)〈川端茅舎〉冬「涙ぐむ粥あつあつや小夜時雨」
② あることに熱中するさま。特に恋愛関係が熱烈なさま。
※随筆・皇都午睡(1850)初「流行詞はいと多くして、〈略〉扚子じゃ、熱熱(アツアツ)など、いかなる事より言出しか解らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android