戯れ(読み)タワムレ

デジタル大辞泉「戯れ」の解説

たわむれ〔たはむれ〕【戯れ】

遊び興じること。遊戯
ふざけること。冗談。また、本気ではなくて、遊び半分なこと。「戯れに文章を綴る」「戯れの恋」
男女がいちゃつくこと。
[類語](1遊び遊戯すさ気晴らし慰み事娯楽遊技ゲームプレーレジャー・・レクリエーション/(3べたべたいちゃつくあつあついちゃいちゃラブラブべたつく戯れるじゃらじゃら

じゃれ【戯れ】

《「ざれ」の音変化》ふざけること。また、ふざけて言うこと。冗談。ざれごと。
「今のは何も皆—ぢゃ」〈堀川波鼓

ざれ【戯れ】

ふざけること。たわむれること。じゃれ。「戯れこうずれば喧嘩けんかになる」

たわれ〔たはれ〕【戯れ】

遊ぶこと。放蕩すること。たわむれ。
「年の若き折—せむ」〈梁塵秘抄・二〉

たわぶれ〔たはぶれ〕【戯れ】

たわむれ」に同じ。
「—にものたまふべきことにあらず」〈宇津保・俊蔭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android