コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べたべた ベタベタ

デジタル大辞泉の解説

べた‐べた

[副](スル)
物が粘りつくさま。「汗でシャツがべたべた(と)くっつく」
機嫌をとったり、甘えてまといついたりするさま。「人前で男女がべたべた(と)する」
一面に塗りつけるさま。「おしろいをべたべた(と)塗る」
物を一面にはりつけるさま。「膏薬(こうやく)をべたべた(と)はる」
印などをやたらと押すさま。「朱印をべたべた(と)押す」
一面に書くさま。「壁にスローガンをべたべた(と)書く」
[形動]に同じ。「汗で体中べたべたになる」
[アクセント]タベタ、はベタベタ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

べたべた

[1] ( 副 ) スル
ねばりつくさま。 「汗でからだが-する」
愛情を濃厚に示すさま。男女がべたつくさま。 「 -(と)孫を甘やかす」 「人前で-(と)くっつきあう」
ねばっこい液汁を厚く塗るさま。 「おしろいを-(と)塗りたくる」
一面に紙をはりつけたりするさま。また、やたらに判を押したりするさま。 「壁に-(と)広告をはりつける」 「書類に判を-(と)押す」
[0] ( 形動 )
ねばりつくさま。 「手が-になる」
[4][0] ( 名 )
ねばりつく物。ねばるもの。 「手の-がとれない」
〔「べたべたの餅かちん」の略。女房詞〕 小豆餡あずきあんをつけたもち。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

べたべたの関連キーワード溶ける・解ける・融ける・熔ける・鎔ける君子は周して比せず小人は比して周せずべったら漬けべちゃべちゃアクセント塗りたくるスローガンおしろい愛着障害べとべとべたつくびたびた舌たるいぬたくるヒヨス体中人前朱印膏薬一面

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べたべたの関連情報