コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べたべた ベタベタ

2件 の用語解説(べたべたの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べた‐べた

[副](スル)
物が粘りつくさま。「汗でシャツがべたべた(と)くっつく」
機嫌をとったり、甘えてまといついたりするさま。「人前で男女がべたべた(と)する」
一面に塗りつけるさま。「おしろいをべたべた(と)塗る」
物を一面にはりつけるさま。「膏薬(こうやく)をべたべた(と)はる」
印などをやたらと押すさま。「朱印をべたべた(と)押す」
一面に書くさま。「壁にスローガンをべたべた(と)書く」
[形動]に同じ。「汗で体中べたべたになる」
[アクセント]タベタ、はベタベタ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

べたべた

[1] ( 副 ) スル
ねばりつくさま。 「汗でからだが-する」
愛情を濃厚に示すさま。男女がべたつくさま。 「 -(と)孫を甘やかす」 「人前で-(と)くっつきあう」
ねばっこい液汁を厚く塗るさま。 「おしろいを-(と)塗りたくる」
一面に紙をはりつけたりするさま。また、やたらに判を押したりするさま。 「壁に-(と)広告をはりつける」 「書類に判を-(と)押す」
[0] ( 形動 )
ねばりつくさま。 「手が-になる」
[4][0] ( 名 )
ねばりつく物。ねばるもの。 「手の-がとれない」
〔「べたべたの餅かちん」の略。女房詞〕 小豆餡あずきあんをつけたもち。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

べたべたの関連情報