熱線吸収ガラス(読み)ねっせんきゅうしゅうガラス

世界大百科事典 第2版の解説

ねっせんきゅうしゅうガラス【熱線吸収ガラス heat absorbing glass】

太陽光の赤外成分および可視光の一部を吸収するために着色された板ガラス色調は,ブルー,ブロンズ,グレーの3種がある。フロート法(板ガラス)によって製作され,厚さは3~15mm,大きさは厚さにもよるが4572mm×2921mmまである。着色剤として,ニッケル,コバルト,鉄などの遷移金属元素の酸化物,あるいはセレンなどを添加する。いずれの色調のものでも,太陽光のエネルギーの40%以上を吸収するため,夏季のビルの冷房負荷の軽減には相当の効果がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねっせんきゅうしゅうガラス【熱線吸収ガラス】

微量の酸化鉄・クロムなどを含み、波長の長い赤外線などを吸収して熱を遮断するガラス。赤外線吸収ガラス。吸熱ガラス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android