コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃料電池車 ねんりょうでんちしゃ Fuel Cell Vehicle

4件 の用語解説(燃料電池車の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

燃料電池車

搭載した燃料電池で水素と酸素を化学反応させて発電し、その電力でモーターを回して走行する車。FCVと略される。走行中は二酸化炭素を始めとする環境に有害な排気ガスを出さず、水だけを排出することから、ハイブリッド車(HV)よりも進んだ「究極のエコカー」と称されている。2014年6月、トヨタ自動車が世界に先駆けて、同年度内に日本国内で一般向け販売を始めることを発表した。この他、本田技研工業が15年、日産自動車が17年にFCV量産車の投入を計画している。

(2014-6-26)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

燃料電池車

燃料の水素と空気中の酸素を反応させて生みだした電気でモーターを回して走る。走行中に出るのは水だけで、二酸化炭素や有害物質が出ないため「究極のエコカー」とされる。EVと比べ、一度の燃料補給で長距離を走ることができる利点がある。

(2014-09-02 朝日新聞 朝刊 2経済)

燃料電池車

燃料の水素と空気中の酸素を反応させてできた電気で走る。ガソリン車のようにCO2を排出しない。化石燃料で水素を製造すればCO2は出るが、太陽光風力発電などを使って水素を製造すればCO2は出ない。トヨタが2014年に「ミライ」、ホンダが16年に「クラリティ フューエル セル」を発売した。価格は700万円超だが、埼玉県では県が100万円を補助し、国の補助と合わせると400万円超で購入できる。水素ステーションは1カ所整備するのに約4億円かかる。

(2017-01-12 朝日新聞 朝刊 栃木全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねんりょうでんち‐しゃ〔ネンレウデンチ‐〕【燃料電池車】

燃料電池を搭載した自動車ガソリンが不要であり、大気汚染対策として注目される。燃料電池自動車。FCV(fuel cell vehicle)。→ハイブリッドカー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燃料電池車の関連キーワード燃料電池水素-酸素燃料電池水素エネルギー水素ステーション改質器水素燃料電池二重標識水水素自動車と燃料電池車燃料電池車(FCV)酸水素燃料電池

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

燃料電池車の関連情報