燃料電池車(読み)ねんりょうでんちしゃ(英語表記)Fuel Cell Vehicle

  • ねんりょうでんちしゃ〔ネンレウデンチ〕

知恵蔵miniの解説

搭載した燃料電池水素酸素化学反応させて発電し、その電力モーターを回して走行する車。FCVと略される。走行中は二酸化炭素を始めとする環境に有害な排気ガスを出さず、水だけを排出することから、ハイブリッド車(HV)よりも進んだ「究極エコカー」と称されている。2014年6月、トヨタ自動車が世界に先駆けて、同年度内に日本国内で一般向け販売を始めることを発表した。この他、本田技研工業が15年、日産自動車が17年にFCV量産車の投入を計画している。

(2014-6-26)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

水素を燃料に発電し、その電気でモーターを回して走るエコカー。水素は空気中の酸素と反応して、排ガスの代わりに水が出る。電池にためた電気で走る電気自動車と比べると一般に航続距離が長いうえ、水素補給がガソリン車並みの短時間でできるのも長所とされている。一方、水素ステーションの数は限られ、販売価格もトヨタ自動車の「ミライ」が700万円台と高い。

(2018-06-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燃料電池車の関連情報