燕尾(読み)えんび

精選版 日本国語大辞典「燕尾」の解説

えん‐び【燕尾】

〘名〙
(つばめ)
に付属する(えい)の一種。纓尻(えじり)円形である纓をいう。中世以来、加冠の際に用いる。
※江家次第(1111頃)二〇「次加冠立座進入、冠者額結
③ (②を誤用して) 纓(えい)をいう。
咄本・私可多咄(1671)三「昔、法頂のかづく燕尾(エンビ)といふ物をみて、あれはゑぼしといふかととふ者有」
(やじり)の形状による名称で、雁股(かりまた)の鏃の一種。
掛軸表装で、上部の中央に並べて垂らした二条の細長い布。
⑥ =えんびぼう(燕尾帽)日葡辞書(1603‐04)〕
⑦ 南画で、竹の葉の描き方の一法をいう。竹の葉が二枚出ている様のうち、燕の尾に似た方のもの。

つばめ‐お ‥を【燕尾】

〘名〙 ツバメの尾のように二またに分かれた細長い魚の尾。燕尾(えんび)型の魚類の尾。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「燕尾」の解説

えん‐び【×燕尾】

ツバメの尾。
冠のえいの一。先が円形の裾開きの纓。加冠の際に用いる。
じりの一で、末端が二つに分かれたもの。
掛け軸の表装で、上部の中央に並べて垂らしてある二条の細長い布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の燕尾の言及

【冠】より

…なお江戸時代の中ごろから天皇の纓は巾子の後に直立し,いわゆる立纓冠(りゆうえいのかん)ができた。纓にはその端が方形をなすものと,円形をなすものとがあったが,後世は一般に方形のものが用いられ,これをなお燕尾(えんび)と称した。皇太子元服のときにこの燕尾の纓が用いられるのは,その旧形を伝えたものであるといえよう。…

※「燕尾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android