コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕尾 エンビ

デジタル大辞泉の解説

えん‐び【×燕尾】

ツバメの尾。
冠の纓(えい)の一。先が円形の裾開きの纓。加冠の際に用いる。
鏃(やじり)の一で、末端が二つに分かれたもの。
掛け軸の表装で、上部の中央に並べて垂らしてある二条の細長い布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんび【燕尾】

つばめの尾。
やじりの一種。雁股かりまた類の中の一つで、叉またの開きの狭いもの。
風帯ふうたい 」に同じ。
えいの別名。もと、髻もとどりを包む巾子こじの根元をくくった紐の結び余りを二枚背後に垂らしたところからの名という。 〔和名抄〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の燕尾の言及

【冠】より

…なお江戸時代の中ごろから天皇の纓は巾子の後に直立し,いわゆる立纓冠(りゆうえいのかん)ができた。纓にはその端が方形をなすものと,円形をなすものとがあったが,後世は一般に方形のものが用いられ,これをなお燕尾(えんび)と称した。皇太子元服のときにこの燕尾の纓が用いられるのは,その旧形を伝えたものであるといえよう。…

※「燕尾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

燕尾の関連キーワードクロコシジロウミツバメカンムリアマツバメコシジロウミツバメショウドウツバメエリグロアジサシアジサシ(鰺刺)コシジロアジサシタンボコオロギキョクアジサシマイマイカブリコシアカツバメセグロアジサシ小鰺刺・小鯵刺クロウミツバメホワイトタイツバメチドリドレスシャツテールコートブッポウソウグンカンドリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燕尾の関連情報