コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆燃 バクネン

百科事典マイペディアの解説

爆燃【ばくねん】

火薬類はそれ自体に酸化剤を含んでいるため,燃焼に際し外部からの酸素の供給を必要とせず,燃焼速度も大きい。特に一定の空間内で燃焼する際には薬面に沿っての炎の急速な伝搬によって点火が伝えられ,さらに燃焼速度が大きくなる。
→関連項目火薬

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ばくねん【爆燃】

内燃機関において、ガスの混合比・圧縮比などに不調が生じて、シリンダー内部の気体が爆発的に燃焼すること。機関に衝撃的な振動が加わる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の爆燃の言及

【火薬】より

…一つは爆ごう(轟)(デトネーションdetonation)であり,他の一つはデフラグレーションdeflagrationである。デフラグレーションは日本では爆燃と訳されることが多いが,空気中の酸素の補給なしに進行する燃焼は爆発的でなくてもデフラグレーションと呼ばれる。爆ごうは衝撃波を伴った速い燃焼である。…

【爆発】より

…いずれの場合でも,起爆が生ずると高温の反応領域は周囲の未反応領域へ広がっていく。この伝播(でんぱ)形式は可燃性物質の種類,濃度および環境条件によって,爆燃(デフラグレーションdeflagration)と爆ごう(轟)(デトネーションdetonation)の二つに分かれる。 爆燃は本質的には可燃性混合気中の火炎伝播と同じ現象であり,圧力,密度,温度などの燃焼特性はすべて火炎面の前後で連続的で,圧力変化もほとんどなく,また火炎の移動も音速に比べてかなり低い。…

※「爆燃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

爆燃の関連キーワード爆ごう(爆轟)内燃機関黒色火薬混合比圧縮比弾丸気体爆発

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android