コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山廃寺跡 かたやまはいじあと

2件 の用語解説(片山廃寺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片山廃寺跡
かたやまはいじあと

静岡市大谷片山にある寺跡。 1948,56年におもな発掘調査が行われ,金堂跡,講堂跡,僧房跡などが見出され,駿河国分寺跡と推定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

かたやまはいじあと【片山廃寺跡】


静岡県静岡市駿河区大谷にある寺院跡。JR静岡駅の南東約3.5kmの有度(うど)山西麓に造られた奈良時代の寺院跡で、南大門や金堂、講堂、僧坊、回廊、鐘楼の跡がある。境内のまわりは木の柱を支柱にした板塀がめぐっていたこと、火災によって建物が焼失し、その後は再建されなかったことなどがわかり、寺域は2町四方と推定される。塔跡はまだ明らかでないが、各施設の規模や屋根瓦の特徴、出土した土器などから駿河国分寺跡とする説や、中世以降に「国分寺」が今の駿府城(すんぷじょう)北方に存在していたことが文献に見えることなどから、有度郡の有力豪族の氏寺とする説がある。1965年(昭和40)に国の史跡に指定された。現在は、金堂跡の基壇や礎石を復元して公開している。また、片山廃寺跡から南へ約1kmにある宮川瓦窯跡群は、1971年(昭和46)の調査によって2基以上の登り窯と1基の平窯が発掘され、出土した瓦類はいずれも片山廃寺跡と同じ瓦で、創建期とそれ以降のものであることから、専用の瓦生産窯だったことが明らかとなり、1974年(昭和49)に追加指定された。JR東海道新幹線ほか静岡駅からしずてつジャストラインバス「片山南」下車、徒歩すぐ。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

片山廃寺跡の関連キーワード静岡県静岡市駿河区池田静岡県静岡市駿河区大谷静岡県静岡市駿河区大和田静岡県静岡市駿河区高松静岡県静岡市駿河区登呂静岡県静岡市駿河区西大谷静岡県静岡市駿河区広野静岡県静岡市駿河区古宿静岡県静岡市駿河区谷田静岡県静岡市駿河区大和

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

片山廃寺跡の関連情報