コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山良庵 かたやま りょうあん

1件 の用語解説(片山良庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山良庵 かたやま-りょうあん

1601-1668 江戸時代前期の兵法家。
慶長6年生まれ。藤原惺窩(せいか)にまなんで儒学に通じたが,兵学に転じ,武田流軍学をおさめる。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩主松平忠昌に軍師としてまねかれ,のち忠昌の転封(てんぽう)にしたがい福井にうつった。寛文8年9月7日死去。68歳。京都出身。名は三盛。別号に秋扇。著作に「武鑑師法」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片山良庵の関連キーワードセナパティオニビシ吉原(遊廓)逸然渡辺秀石逸然佐伯藩田辺藩(丹後国)西高木家陣屋元政

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone