コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片岡二光 かたおか にこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片岡二光 かたおか-にこう

1821-1903 幕末-明治時代の陶工。
文政4年9月24日生まれ。尾張(おわり)(愛知県)常滑(とこなめ)の人。轆轤(ろくろ),手捻(てびね)りともにすぐれ,火色焼を得意とする。文久のころ医師平野忠司発案杉江寿門とともに朱泥(しゅでい)焼の研究に着手し,これを製品化した。門人に沢田菅江がいる。明治36年8月8日死去。83歳。通称は菊次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

片岡二光の関連キーワード明治時代陶工

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android