コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片淵琢 かたぶち たく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片淵琢 かたぶち-たく

1859-1907 明治時代の社会事業家。
安政6年生まれ。副島種臣(そえじま-たねおみ)の知遇を得,東京に自活研学会を設立して苦学生を援助する。内相の品川弥二郎にもおもんじられ,労働者信用組合をつくった。また,ロシア語学校の設立にも尽力。明治40年3月21日死去。49歳。肥前杵島郡(佐賀県)出身。号は錦浦。著作に「南洲遺訓」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片淵琢の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ビラフランカの和議余計者光の科学史メンデレーエフ新聞小説複成片麻岩内褶曲カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android