コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片荷 カタニ

デジタル大辞泉の解説

かた‐に【片荷】

てんびん棒で前後に荷物を担ぐときの、片方の荷。
トラックの荷台やコンテナなどの積み荷の重量が、前後または左右に偏っている状態。
物流において、往路または復路のどちらか一方にしか荷物を積まないこと。
責任の一端。心配事の一部。
「先ず―だけ卸したなと思った」〈漱石虞美人草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたに【片荷】

天秤棒てんびんぼうで前後に分けて担った荷物の片方。
荷物が片方に寄ってしまうこと。
船舶・トラックなどで、積み荷が往路または復路のどちらか一方しかないこと。
責任の一半。 「 -を下ろす」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

片荷の関連キーワード自動車総量規制専用船小春一半荷物片方

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android