コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛久市 うしく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牛久〔市〕
うしく

茨城県南部,牛久沼の北東にある市。 1986年市制。近世,水戸街道の宿場町として発展。日本のワイン醸造の創始地の一つで,合同酒精の総合醸造場であるシャトーカミヤがあり,行楽地化している。北東部の台地ではラッカセイを多産。観音寺などの古刹がある。牛久沼にのぞむ台地上に河童の絵で知られた小川芋銭 (おがわうせん) の碑がある。東京より 50km圏にあり,住宅地化が著しい。国道6号線,408号線,JR常磐線が通る。面積 58.92km2。人口 8万4317(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うしく‐し【牛久市】

牛久

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

牛久市の関連キーワード茨城県牛久市東大和田町番外茨城県牛久市庄兵衛新田町茨城県牛久市ひたち野西茨城県牛久市ひたち野東茨城県牛久市中根町番外茨城県牛久市田宮町番外茨城県牛久市東大和田町いにしえ味噌かりんとう小川芋銭記念館 雲魚亭茨城県牛久市東猯穴町茨城県牛久市さくら台茨城県牛久市上太田町茨城県牛久市井ノ岡町茨城県牛久市刈谷町茨城県牛久市中根町茨城県牛久市上柏田茨城県牛久市柏田町茨城県牛久市島田町茨城県牛久市正直町茨城県牛久市結束町

牛久市の関連情報