コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛原荘 うしがはらのしょう

百科事典マイペディアの解説

牛原荘【うしがはらのしょう】

越前国大野郡の醍醐(だいご)寺領荘園。現在の福井県大野市の市街北部に比定される。もとは東大寺五師忠範が本主であったが,1086年白河院が中宮藤原賢子の死を悼んで建立した醍醐寺円光(えんこう)院に寄進された。当初荒野200町,見作田25町であったが,浪人を招くなどして次第に開発され,国司の押妨(おうぼう)も排除,座主が直接支配する醍醐寺三宝院領の主要荘園となった。平安時代末の当荘は北庄・南庄・中央・庄林(しょうばやし)の4ヵ所に分かれ,総田数460余町,年貢500石であった。鎌倉時代初頭,二階堂行政が地頭となり,承久の乱後の地頭時盛は地頭代・惣追捕使(そうついぶし)・公文(くもん)らを入部させて非法を行ったため,幕府は地頭代の数を限定,その得分も本地頭得分注文に任せ沙汰することとしている。鎌倉後期から室町期にかけて荘内は牛原・丁(ようろ)・庄林・井野部(いのべ)の4ヵ郷に再編された。応仁・文明の乱ころから醍醐寺領としての実体を失ったとみられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うしがはらのしょう【牛原荘】

越前国大野郡(現,大野市)の醍醐寺領荘園。荘域は南・北・中夾・庄林の4ヵ所から成り,総田数460余町,年貢500石であった。本主東大寺五師忠範が右大臣源顕房を通じて醍醐寺に寄進し,1086年(応徳3),白河院中宮藤原賢子の御願寺円光院領として立荘された。当初荒野200町,見作田25町の同荘は,浪人を招き寄せてしだいに開発され,度重なる国司の押妨を排除して,座主の直接支配する醍醐寺領主要荘園となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の牛原荘の言及

【越前国】より

…奈良時代に成立した東大寺の広大な墾田地系荘園が平安時代に入って衰亡すると,鎌倉期にかけて越前では新しく寄進地系を中心とした皇室や摂関家,大寺社の荘園が生まれた。坂井郡では興福寺兼春日社領河口荘・坪江荘,長講堂領坂北荘,吉田郡では最勝光院領志比荘,山門領藤島荘,皇室領河北荘(河合荘),足羽郡では近衛家領宇坂荘,伊勢神宮領(後に一条家領)足羽御厨,一条家領東郷荘,大野郡では醍醐寺領牛原(うしがはら)荘,春日社領泉荘・小山荘,丹生郡では妙法院領織田荘など大規模な荘園が存在した。これに対し国府(府中)を中心とする今立,南条郡一帯は国衙領が多く荘保も皇室領を中心として小規模なもので占められた。…

※「牛原荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

牛原荘の関連キーワード福井県大野市大野[市]加徴米

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android