コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総追捕使 そうついぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総追捕使
そうついぶし

(1) 平安時代諸国の治安維持のために朝廷から各国に任命派遣された官人。平安時代末期には荘園にも荘官の一つとして補任された。 (2) 源平争乱期に,源頼朝が勢力下に入った国々を守護するために補任した。やがて文治1 (1185) 年守護地頭設置の勅許を得ると,これがのちに守護へと発展していく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうついぶし【総追捕使】

1185年、源頼朝が義経・行家の追討を名目に諸国および荘園においた職。のち鎌倉幕府の諸国支配の先兵として位置づけられ、国の総追捕使は守護・守護職と改称された。なお、荘園内の職名としての総追捕使は、その後も残された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総追捕使
そうついぶし

追捕使とも書く。(1)鎌倉幕府の地方官職で、守護の別称。(2)平安時代末に出現する軍事・警察的職掌。史料上の初見は1183年(寿永2)で、追捕使との違いは明確ではないが、追捕使が公領にしか権限をもたないのに対し、源平内乱期に公領・荘園(しょうえん)を問わずに軍事・警察権を行使する必要ができたために設置されたものらしい。それが官職化されたものが鎌倉幕府の守護(総追捕使)だが、一方で総追捕使という名称も長く荘園内の職として残った。[井上満郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

総追捕使の関連キーワード日本におけるおもな時代区分張り行ふ足利直冬守護職天皇制押領使追討行家公文職名

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android