コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総追捕使 そうついぶし

4件 の用語解説(総追捕使の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総追捕使
そうついぶし

(1) 平安時代,諸国の治安維持のために朝廷から各国に任命派遣された官人。平安時代末期には荘園にも荘官一つとして補任された。 (2) 源平争乱期に,源頼朝が勢力下に入った国々を守護するために補任した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そう‐ついぶし【総追捕使】

源頼朝が諸国に設置した職。行政・軍事・警察権をもつ。守護の前身。
鎌倉時代、社寺の領地や荘園内で、警察・軍事をつかさどった職。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうついぶし【総追捕使】

1185年、源頼朝が義経・行家の追討を名目に諸国および荘園においた職。のち鎌倉幕府の諸国支配の先兵として位置づけられ、国の総追捕使は守護・守護職と改称された。なお、荘園内の職名としての総追捕使は、その後も残された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総追捕使
そうついぶし

惣追捕使とも書く。(1)鎌倉幕府の地方官職で、守護の別称。(2)平安時代末に出現する軍事・警察的職掌。史料上の初見は1183年(寿永2)で、追捕使との違いは明確ではないが、追捕使が公領にしか権限をもたないのに対し、源平内乱期に公領・荘園(しょうえん)を問わずに軍事・警察権を行使する必要ができたために設置されたものらしい。それが官職化されたものが鎌倉幕府の守護(総追捕使)だが、一方で総追捕使という名称も長く荘園内の職として残った。[井上満郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総追捕使の関連キーワードスズ118番関水スーパーバンタム級統一展望台奥久慈だいご118番の日コメ余りブラームス:6つの小品 Op.118/piano solo

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone