牡牛座T型星(読み)オウシザティーガタセイ

デジタル大辞泉の解説

おうしざ‐ティーがたせい〔をうしザ‐〕【×牡牛座T型星】

原始星から恒星に進化する途中にある太陽程度の小質量の天体牡牛座のT星という変光星にちなむ。重力エネルギーの解放によって輝き、水素の熱核融合は起こっていない。内部温度が上昇して水素燃焼が始まると主系列星になる。天体の近傍には原始星円盤の名残である原始惑星系円盤という濃いガスや塵(ちり)による円盤が形成され、系外惑星探査の対象になっている。Tタウリ星Tタウリ型星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android