コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧牛図 ぼくぎゅうずmu-niu-tu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧牛図
ぼくぎゅうず
mu-niu-tu

東洋画のジャンルの一つ。唐代,華中華南の田園風物としての水牛が独立した画題となり,韓滉 (723~787) ,その弟子の戴嵩の名手が現れた。宋代でも引続き制作され,南宋画院の李唐閻次平が著名となり,形式も定まった。楊柳のおかれた水辺を背景に牧童を添えた牧牛図は,宋代写生主義による水牛の毛の微細な描写を特色とした。代表作李迪筆『帰牧図』 (大和文華館) ,伝閻次平筆『秋野牧牛図』 (泉屋博古館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

牧牛図の関連キーワードフォンタネージ山口県立美術館東洋画禅余画即非

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牧牛図の関連情報