コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧牛図 ぼくぎゅうず mu-niu-tu

1件 の用語解説(牧牛図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧牛図
ぼくぎゅうず
mu-niu-tu

東洋画のジャンルの一つ。唐代,華中,華南の田園風物としての水牛が独立した画題となり,韓滉 (723~787) ,その弟子の戴嵩の名手が現れた。宋代でも引続き制作され,南宋画院の李唐,閻次平が著名となり,形式も定まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牧牛図の関連キーワードジャンルコリア革ジャンジャンダルム純ジャンプ双清ウインドジャンパーパリのジャンジャンゴチョコチュジャン

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧牛図の関連情報