コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李唐 りとう Li Tang

8件 の用語解説(李唐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李唐
りとう
Li Tang

中国,南宋初期の画院画家。河陽三城 (河南省孟県) の人。字は晞古。徽宗の画院に入り,のち 80歳近くで高宗の画院の待詔となったという。山水,人物,牛などを得意とし,南宋山水画第一人者となり,蕭照,劉松年ら著名な画家を門弟から輩出。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

り‐とう〔‐タウ〕【李唐】

中国、の王朝。また、その時代をいう。唐の宗室が李姓であったところからの称。

り‐とう〔‐タウ〕【李唐】

中国、北宋末から南宋初期の画家。河陽(河南省)の人。字(あざな)は晞古(きこ)。徽宗(きそう)の画院に入り、高宗の画院の待詔となる。南宋の院体山水画の形成に大きな役割を果たした。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

李唐【りとう】

中国,宋代の画家。生没年不詳。北宋の徽宗の画院に仕えたのち,南宋の高宗の画院待詔となった。山水画を得意とし,中央に主山をそびえさせる北宋代の范寛の様式に学びながら,量感や質感の表現に新機軸を打ち出し,南宋院体山水画の形成に寄与した。
→関連項目院体画夏珪雪舟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りとう【李唐 Lǐ Táng】

中国,北宋末・南宋初の画家。生没年不詳。字は晞古。河陽三城(河南省孟県)の人。1103年(崇寧2)にはすでに画家として活躍しており,徽宗朝の画院に入ったが,靖康の変(1126‐27)ののち,80歳で臨安(杭州)に至り,成忠郎,画院待詔となった。山水画を得意とし,《万壑(ばんがく)松風図》(1124。台北・故宮博物院),《山水図》(京都大徳寺高桐院)等が現存するほか,南宋時代に入って後は《晋文公復国図巻》(メトロポリタン美術館),《採薇図巻》(ワシントン市,フリーア美術館)等の故事図をも描いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りとう【李唐】

〔皇帝の姓が李であったことから〕
中国の唐朝のこと。

りとう【李唐】

1050頃~1130頃) 中国、宋代の画家。字あざなは晞古きこ。細密な山水画を得意とし、南宋画院体山水画の形成に大きな役割を果たした。作「山水図」(京都高桐院)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李唐
りとう

生没年未詳。中国、北宋(ほくそう)~南宋の画家。字(あざな)は晞古(きこ)。河陽三城(河南省孟(もう)県)の人。徽宗(きそう)帝(在位1100~25)の宣和(せんな)画院に入る。北宋滅亡後は流浪の生活を送ったが、1138年(紹興8)ごろ、南渡した臨安(りんあん)の地で画院に復職、官は成忠郎に至り、金帯を賜った。このとき80歳近くの高齢であったという。李唐は北宋絵画と南宋絵画をつなぐ重要な役割を果たした。山水、人物その他すべてにわたり得意であったといわれる。台北の国立故宮博物院蔵『万壑松風(ばんがくしょうふう)図』を北宋時代の作、京都・大徳寺高桐(こうとう)院蔵『山水図』双幅を南宋時代の作とする説がある。いまだこの論議は決着をみてないが、李唐の画風の幅広さを示すものとして、この2作を代表作とすることには異論がないものと思われる。[近藤秀実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の李唐の言及

【山水画】より

…江南山水画が再評価されるようになるのは北宋も後期以後,紙や墨などの素材のもつ滲みなどの効果に鋭い感受性を示した米芾(べいふつ)・米友仁父子によってであるが,華北山水画と江南山水画のこういった再対立・再総合の機運は十分熟さないまま,南宋と金とが中国を二分して形づくられる,山水画における南北の複雑な対立状況が出現する。北宋絵画の正統を受け継ぐと自負する金には王庭筠らの文人画家,南宋には四大家と称される李唐,劉松年,馬遠,夏珪ら,北宋画院の伝統を継承する画院画家が現れ,それぞれの絵画史の基調を作りあげた。この百数十年間は,政治的要因によって強いられた南北対立の時代であると同時に,対立する南北のそれぞれに絵画史的な意味での南北対立が見られる複雑な時代でもあった。…

【宋代美術】より

…蘇軾,米芾,李公麟をはじめとする文人たちの絵画界への積極的な参加と,そこで形成された絵画観は,彼らと交渉のあった宮廷画家郭熙を通して画院(翰林図画院)にも影響し,同時に趙令穣,王詵(おうせん)ら貴族たちの細緻な画風とも結びついて,さらに徽宗の指導も加わって詩的な暗示的表現に富む院体画風を成立させる。この時期の画院における李唐は対象を単純明快な形態に還元させる新傾向を提示し,それはのちに馬遠,夏珪(かけい)によって南宋院体山水画の典型へと展開していく。彼らの山水画における余白空間の大きな対角線的構図は,北宋山水画の正面的な対象把握に対して,画面構成における一方の極とみなしうる。…

※「李唐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李唐の関連キーワード馬遠玉澗高文進徐崇嗣銭選李迪燕文貴李安忠馬和之蘇漢臣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone