牧野松村(読み)まきの しょうそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野松村 まきの-しょうそん

1823-1891 幕末-明治時代の儒者。
文政6年生まれ。牧野黙庵(もくあん)の子。佐藤一斎,安積艮斎(あさか-ごんさい),大橋訥庵(とつあん)にまなび,昌平黌(しょうへいこう)にはいる。讃岐(さぬき)高松藩校講道館教授となり,世子の侍講をかねた。明治24年1月15日死去。69歳。名は古哲。字(あざな)は保大。通称は保次郎,唯助,唯吉。別号に拙翁。著作に「拙翁独語」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android