牧野貞直(読み)まきの さだなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野貞直 まきの-さだなお

1831*-1887 幕末-明治時代の大名。
文政13年11月27日生まれ。牧野貞喜(さだはる)の孫。布施重正の次男。牧野貞久(さだひさ)の養子となり,嘉永(かえい)4年常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主牧野家8代。奏者番,寺社奉行をへて,元治(げんじ)元年大坂城代となった。明治20年1月13日死去。58歳。初名は貞明(さだあき),のち貞利。通称は左京。号は竹杖。越中守(えっちゅうのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android