牧野貞久(読み)まきの さだひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野貞久 まきの-さだひさ

1836*-1850 江戸時代後期の大名。
天保(てんぽう)6年12月5日生まれ。牧野貞一(さだかつ)の長男。叔父(おじ)牧野貞勝(さだのり)の養子となり,天保12年7歳で常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主牧野家7代。嘉永(かえい)3年2月10日死去。16歳。公称は嘉永4年2月10日17歳で死去。通称は兵部。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android