コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

声帯模写 セイタイモシャ

百科事典マイペディアの解説

声帯模写【せいたいもしゃ】

寄席(よせ)演芸の一つ。役者,歌手,知名人等の声調をまねる芸。鳥獣の声のまねも含まれる。声色(こわいろ)よりもまねの対象が広げられたもので,大正末期,古川緑波(ろっぱ)などが声帯模写の称を用い始めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいたいもしゃ【声帯模写】

声色(こわいろ)のこと。あるいはそれの〈現代化〉したもの。芸能人や政治家など有名人の声を模倣する演芸。鳥獣の声をまねるのもこの部類に入る。正徳(1711‐16)のころにあやめ屋の平治が歌舞伎役者の声色で名人といわれた。幕末期に寄席演芸となり,《鸚鵡石》という声色本も出た。大正末に喜劇役者の古川緑波(ろつぱ)が声色を〈声帯模写〉と称し,まねる対象も歌舞伎役者以外にも大きくひろげて活気づけ,続けて,多くの巧者があらわれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいたいもしゃ【声帯模写】

〔大正末期、喜劇俳優古川緑波ろつぱの造語による〕
他人の声や動物の鳴き声などをまねする演芸。歌舞伎俳優のまねが主の声色こわいろを現代化したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

声帯模写
せいたいもしゃ

声色」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

声帯模写
せいたいもしゃ

他人の声を模倣する演芸で、声色(こわいろ)が現代的に変形したもの。初めてこのことばが使われたのは大正末期で、喜劇俳優古川緑波(ロッパ)の造語によるものとされている。のちラジオの発達と相まってこれを専門とする芸人も増え、全体を漫談調に仕立てたり、ある一定の筋をもたせてそのなかにいろいろな人物が登場してくるといった演出法も生まれた。従来の声色がもっぱら歌舞伎(かぶき)俳優の台詞(せりふ)回しを模倣していたのに対し、範囲は広く、ことに第二次世界大戦後は政治家、評論家といった分野の人々も扱うようになった。また歌手の声帯模写を専門とする歌謡声帯模写(歌まね)も流行した。[向井爽也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の声帯模写の言及

【声色】より

…流しは,銅鑼(どら)と拍子木を持った二人連れが普通で,花柳界や夏の大川端の夜の景物であった。近代に入り〈声帯模写〉と呼ばれるようになって寄席芸として定着し,現代に伝わる。《婦系図(おんなけいず)》の〈湯島の境内〉に見られる声色の姿は,明治時代の流しを写している。…

【大衆演芸】より

…東京では昭和30年代以後林家正楽が紙切りとして一家をなしている。 声色(声帯模写)は,江戸時代から行われた大衆演芸の一つだが,昭和の現代に及んでも衰えていない。歌舞伎・新派・新国劇・新劇の俳優,浪曲師,歌手,政治家,テレビタレントの声から鳥獣の鳴き声までまねて人気がある。…

【ものまね(物真似)】より

…技芸としての物真似は,肉体による表現に言語をも伴うものへと変化する。後には〈声色〉〈声帯模写〉へと移行していく。〈少将物真似師吉兵衛を呼び,五郎さま朝比奈のこわいろの上手ゆへ頼みました〉(《傾城嵐曾我》1708),〈近年はやり出て役者の物まね,身ぶりを其まゝにうつして〉(《役者正月詞》1726)などの用例がある。…

※「声帯模写」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

声帯模写の関連キーワードデービス・ジュニア江戸家猫八(2代)アート カーニータイヘイ 原児五十嵐 新次郎佐々木 つとむ桜井 長一郎エストラーダ合谷進之介片岡 鶴八中根久美子川上のぼる桜井長一郎片岡鶴太郎大辻 司郎堺すすむ山口智充口承文芸古川縁波田渕岩夫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

声帯模写の関連情報