コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定心筋疾患 トクテイシンキンシッカン

2件 の用語解説(特定心筋疾患の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とくてい‐しんきんしっかん〔‐シンキンシツクワン〕【特定心筋疾患】

特定心筋症

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

とくていしんきんしっかん【特定心筋疾患】

 原因の明らかでない特発性心筋症(とくはつせいしんきんしょう)(「特発性心筋症」)とは異なり、原因や全身性疾患との関連がわかっている心筋の病気のことです。大きくつぎの9つに分類されています。
①炎症性
 感染性(ウイルス、細菌、真菌などによるもの)、膠原病(こうげんびょう)、肉芽腫症(にくげしゅしょう)、川崎病
②代謝性
 栄養性(脚気(かっけ)、ビタミンD過剰、肥満)、内分泌性(ないぶんぴつせい)(甲状腺機能異常(こうじょうせんきのういじょう)、副腎不全(ふくじんふぜん)、末端肥大症(まったんひだいしょう)、糖尿病、痛風(つうふう))、電解質異常
③中毒性
 アルコール抗がん剤(とくに塩酸ドキソルビシン)、抗うつ薬コカインなど
④浸潤性
 アミロイドーシスサルコイドーシスヘモクロマトーシスなど
線維組織形成性(せんいそしきけいせいせい
 原発性心内膜線維弾性症(げんぱつせいしんないまくせんいだんせいしょう)など
⑥血液性
 白血病(はっけつびょう)、真性赤血球増加症(しんせいせっけっきゅうぞうかしょう)、血栓性血小板減少性紫斑病(けっせんせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)など
⑦過敏性
 ペニシリン、フェニルブタゾン、抗結核薬
⑧遺伝性
 筋ジストロフィーフリードライヒ失調症など
⑨その他
 低体温、放射線熱射病など
 原因が判明しているといっても、それぞれの原因疾患から心臓の異常がおこるメカニズムがすべて解明されたわけではありません。それでも、原因となる疾患には治療できるものがありますから、検査を受け、正しい診断を受けることが治療のために重要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

特定心筋疾患の関連キーワード心筋炎心筋症特発性心筋症拡張型心筋症拘束型心筋症続発性心筋症特定心筋症特発性拡張型心筋症二次性心筋症アルコール性心筋症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone