特殊核分裂性物質(読み)とくしゅかくぶんれつせいぶっしつ(英語表記)special fissionable material

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特殊核分裂性物質
とくしゅかくぶんれつせいぶっしつ
special fissionable material

国際原子力機関 IAEAの用語で,「プルトニウム 239,ウラン 235または 233の濃縮ウラン,これらのものを含んだ物質,および IAEA理事会が随時指定する物質,ただし原料物質は含まない」と定義されている。一般に核分裂性核種を含む鉱石イエローケーキなどの中間製品をさす。精製錬などによって濃度を高めた製品は核燃料物質

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の特殊核分裂性物質の言及

【核物質】より

…たとえばウラン鉱石)とが用いられている。国際原子力機関憲章および二国間原子力協定では,上の〈核燃料物質〉に相当するものが〈核物質〉とされ,〈原料物質〉(上の(1)および(2)に相当)と,〈特殊核分裂性物質〉(上の(3)および(4)に相当。原料物質を用いるよりも容易に核兵器等を製造できる)とに分類されている。…

※「特殊核分裂性物質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android