コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特発性浮腫 とくはつせいふしゅ Idiopathic Edema

1件 の用語解説(特発性浮腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

とくはつせいふしゅ【特発性浮腫 Idiopathic Edema】

[どんな病気か]
 特別な原因がないのにむくみ(浮腫(ふしゅ))がおこる病気です。女性に多く、浮腫は体位の影響を受けます。
 立ったままでいると、夕方に浮腫が現われ、朝夕の体重差が1.4キロ以上になるという、特徴的な症状を示します。この浮腫は、朝にはよくなり、夕方にひどくなることから、周期性浮腫(しゅうきせいふしゅ)とも呼ばれています。
 これといった治療法はありませんが、塩分の摂取を制限すると効果があるとされています。
 立っていると水分の排泄(はいせつ)を低下させるので、立っている時間を短くするように注意します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

特発性浮腫の関連キーワード不法原因給付命取り特装特発何心地副因不死身病原鳴き砂地下水マグマ性過程

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特発性浮腫の関連情報